. .


生きる意思(精神)と、生き方の癖



〃分をわきまえる〃という言葉があります。

自分を支える物質的基礎である肉体の器としての大きさを御存知でしょうか。意識した事がありますでしょうか。

そしてご自身の精神のあり方の癖を考えたことがありますでしょうか。

車輪の両輪であるこの二つのアンバランスからおきる、身体の症状って案外沢山あります。コツは器の大きさをしり、精神のあり方の癖をしりコントロールするということだと思います。




よくお見かけするのが、精神のあり方の癖が、かなり完璧主義でハードなレベルを要求するけど、器である肉体がそれを支えきれないという方です。

自分自身が命じる課題が、貴方の身体の受け入れレベルを越してはいないでしょうか。精神的には受け入れOK、どんどんいくんだーーー!っと命じても、肉体的には、無理だ、休みたい、これ以上は受け入れ難い!と叫んでいることってよくありますよ。ちょっと点検してみてくださいね。

やる気満々で、旺盛な精神はもっているけど、肉体がついていっていない、また逆にその精神が肉体を食んでいるということもあります。

また、考え方の癖が、非常に神経質で、非常に小さな事を気にする余り、肉体の不調になる方もいらっしゃいます。ちょっとした痛みや症状に、非常に意識を当ててしまうので、より症状が強くなったり、痛みを強く感じるといったことです。こういった方に、意識をしないようにと申し上げても、なかなかムズカシイですねえ。本当に考え方の癖、意識の当て方の癖なのだと思います。




でもね、「ああ、これは自分の癖だな」と、ちょっと意識することからでも、はじめてみませんか。自分の苦しみが、他者からもたらされたものではなく、自分の意識のあり方の癖のせいだと考え直してみてください。そして他者に要求するのではなく、自分がかわることなんだと、意識のあり方を変えてみてはどうでしょうか。きっと、違う世界が開けてくるのではないかと、私は思います。






.....東洋医学的人間観の目次に戻ります........
☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆◎◎◎←←←←←はじめのページへ←←←←←◎◎◎☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆

メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.お手紙はこちらへ...メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.