. .


陰陽理論を使いこなすために



陰陽という言葉をいろいろな場面で耳にされる事が多いのではないかと思います。陰陽の定義には古来よりとても多くのものがあり、矛盾しているものも多くあります。 たとえば、

冷たいものが陰であり、熱いものが陽である。

遅いものが陰であり、速いものが陽である。

静かなものが陰であり、活動的なものが陽である。

拡散するものが陰であり、凝集するものが陽である

濁気が陰であり、清気が陽である

受け容れるものが陰であり、与えるものが陽である。

などなど、言葉ではなんとなく理解できるかもしれませんが、実際の状況を思い浮かべると沢山の矛盾をはらんでいることを発見することができます。




拡散するものは活動的だから拡散するわけです。それでは拡散するものはそのままの状態では陰という事ができますが、その機能としては活動的な陽をもっていることになります。

太陽も月も、人にとってみればその力を与え続けるものです。人はただそのエネルギーを受け続けて生きているものです。この観点から見ると太陽も月も与え続けるという意味で陽ですし、人はただ生命を与えられ生かされているだけですから陰ということができます。

与えるという観点でみていくと、

植物は与え続けることで動物を養っているので陽、

動物はただ受け入れ続けるので陰。

草食動物は肉食動物に与え続けるので陽、

肉食動物はただ受け入れ続けるので陰。

こういった考えを推し進めると、与えられ続け、大いに受け取ることしかできない人間は陰の極みといえるわけです。おもしろいですねえ(^_^)






.....東洋医学的人間観の目次に戻ります........
☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆◎◎◎←←←←←はじめのページへ←←←←←◎◎◎☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆

メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.お手紙はこちらへ...メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.