. .

2007年6月20日 山下湘南夢クリニック
「不妊と鍼灸治療」講演記録


身体作りには、東洋医学的診立てが必要です



情報を整理しましょう

不妊でお悩みの方の御相談に乗ると、

『なにがなんだかわからない』
『優先順位をどう考えればいいのか迷う』
『なにをすればいいのかわからない』
『精神的な不安感で辛い』
『治療が進むほど、結果が出ないのに、体調だけが悪化する』
『年齢がどんどんすすむのが恐い』
『妊娠できないかもと思うと、次の治療が恐くて受けられない』

などといった、悩みが噴出してきます。

一番大事なのは、今のあなた自身の情報を整理することです。

情報には、ご夫婦のお身体の問題について、西洋医学的な側面と、 東洋医学的な側面の情報があります。

身体作りで大切なのは、東洋医学的な情報です。それは、 目先の症状について考えるのではなく、あなたの人生を応援するのどのような方向性の身体作りなのか?といった観点で考えていくことが重要だと思います。

時間を大切にして、しっかりと「不妊!大作戦」をたててください。

そしてあなたの人生を応援できるような方針でお身体作りをしていってください。それは決して、不妊に効くといわれるツボにお灸をしたり鍼をしたりすることをさしているのではないのです。東洋医学で命をみるということは、流れの中の生命を応援していくことだと私は思っています。








はじめに

ご挨拶、自己紹介

初診のテーマ

不妊治療に鍼灸は効くのか?

私と不妊の出会い

東洋医学で考える妊娠

ご自身でできる身体作り

身体作りには、東洋医学的診立てが必要です

最後に






☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆◎◎◎←←←←←はじめのページへ←←←←←◎◎◎☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆

メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.お手紙はこちらへ...メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.


pxl02541@nifty.ne.jp