. .

2007年6月20日 山下湘南夢クリニック
「不妊と鍼灸治療」講演記録


最後に



私のhpに、「赤ちゃんと出会うための14年の旅」というというご本人と一緒に書かせていただいた エピソードがあります。

この方、20代前半から妊娠したいと病院選びされ、30代からIVF-ET。このときには、卵管に戻すIVF-ETとか、 着床によいとされる子宮内膜掻爬、沢山の薬剤を使っての誘発をおこなっていました。

35歳の時に、休憩だということでうちの治療室にいらっしゃいました。

少し休憩して私の治療室でお身体作りをされる時間をとったのち、その方は「じゃあ行ってみるか」とklcに いかれました。一回目は受精せず。そして2回目の採卵で胚盤胞が3つ凍結。ものすごく喜んでいらっしゃいましたが、 全部ダメ。

ここでご本人から「やめる宣言」が出ました。私も、それまでの長い長い不妊治療歴を 存じておりましたから、やはり無理なのかと思いました。




そして、それから2ヶ月後klcの待合室から 「やっぱり始めた、鍼灸の予約を」というメールが入り、鍼灸治療とIVF-ETを平行して進みました。

そして、このとき、この方にとっては初めて「あまり良くない卵」「胚盤胞でも小さい」などの状況で ご本人は「もうどうせダメ」という状況でした。

それなのに、いままで戻したどんな卵よりも条件が悪かった卵なのに、無事に着床、妊娠。 そしてご出産となりました。

それまでの、16回に渡るIVF-ETでほとんどかすりもせずの状況から一点、妊娠、出産へと いたるみちになったのです。元気な赤ちゃんをご出産され、いたずら坊やを私にもみせに 来てくださいました。うれしい限りです。




不妊治療をしていると、「よい卵、グレードの高い受精卵」を目指すことにはなります。 それが妊娠への道にもつながりますものね。

でも、私は「運命の卵」と出会うことが一番なんだなとこの方の妊娠を通じて 強く思いました。

良い卵は確かに、運命の卵である可能性は高いのでしょう。

グレードの高い卵ですんなり妊娠、出産された方も沢山存じ上げています。

でも、困難な状況の中、運命の卵と出会い、ご出産された方の背中も沢山みてきました。

あなたにとっての、運命の卵との出会いをお祈りしています








はじめに

ご挨拶、自己紹介

初診のテーマ

不妊治療に鍼灸は効くのか?

私と不妊の出会い

東洋医学で考える妊娠

ご自身でできる身体作り

身体作りには、東洋医学的診立てが必要です

最後に






☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆◎◎◎←←←←←はじめのページへ←←←←←◎◎◎☆☆☆☆ここをクリックすると始めのページにもどれます(⌒_⌒)☆☆☆☆

メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.お手紙はこちらへ...メイルの宛先はこちらです→pxl02541@nifty.ne.jp.


pxl02541@nifty.ne.jp